オンデマンド印刷について

特殊紙と一口に言っても、色・柄・風合いなど、それぞれに異なった個性を持っています。 そのため、紙の性質や印刷についての注意点など、ご注文前に知っていただきたいことがあります。

オンデマンド印刷について

従来の印刷(オフセット印刷)は「版」を作り、印刷機にセットして同じものを大量に印刷する方法でした。 この方法だと少ない部数でも1,000部くらいが最低の枚数になり、50部や100部といった少ない部数での印刷が不向きでした。
オンデマンド印刷は、オフセット印刷に必要なCTP刷版といった工程が無く、データから直接印刷する為に、 「少部数への対応」「短納期」「低コスト」の特徴を兼ね備えた、新しい印刷方法です。
必要な時、必要な部数だけを印刷に対応できるオンデマンド印刷がこれからの主流になりつつあります。

特殊紙はパソコンのモニターで見た色と、実際の印象は異なって見えます。

当サイトで取り扱っている特殊紙のほとんどが、見る角度や光のあたり方によって色味や輝きが変わって見える特徴があります。 できるだけ紙の特徴や、完成品に近いイメージを再現するよう努力していますが、完成品と色味が異なって見えることがあります。 また、お使いのパソコンのモニター環境の違いなどによっても、異なって見えることがあります。

紙色・紙質によって印刷の発色が変わります。

同じデータで印刷しても、紙色や模様、輝き方などによって見え方が違ってきます。
特に濃い色の紙は発色がデータとは大きく異なります。
紙色・紙質によって印刷の発色が変わります。

紙によってはかすれやムラが出やすく、仕上がりに若干の差が出ます。

紙の質感や模様によっては、かすれやムラが出やすくなります。特に濃色のベタは影響が出やすくなります。
紙によってはかすれやムラが出やすく、仕上がりに若干の差が出ます。

印刷および断裁で多少(1mm程度)のズレが生じる場合があります。

打ち落としのデザインで塗り足しがない場合は、紙の余白部分が出てしまいます。また、文字などの重要な情報を仕上がり線に近い部分に配置されている場合は文字が切れてしまう場合もあります。
塗り足しは仕上がりサイズよりも3mm程度外側に、文字などの重要な情報は仕上がりサイズより3mm以上内側に作成してください。
両面印刷の場合は、表裏でも1mm程度のズレが生じる場合があります。
印刷および断裁で多少(1mm程度)のズレが生じる場合があります。

断裁時に紙端の色のはがれが生じる場合があります。

全面に色ベタや平アミ・カラー写真などの塗り足しのあるデザインでは、断裁時に紙端の色のはがれが生じる場合があります。
紙色・紙質によって印刷の発色が変わります。

金・銀・白、DIC・PANTONEなどの特色指定やRGB指定には対応しておりません。

CMYKのフルカラー4色印刷となります。 金・銀・白インキ、特色指定のご注文は承れません。